LIFE in  ”長崎西洋館” 

長崎西洋館の店舗オーナー、ファッション、生活を語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

音に思いをのせるということ

歌うこと それは 思いを伝えること
12月13日(日)本日はフリマの日、そして、ジョイフルコンサートの日。
 『西洋館では月に数回ジョイフルコンサートを開催しております。本日のご出演は2組・・・・・・』コンサートの冒頭MCが例のごとく
出演者を紹介します。 そう、今日は2組の出演、『KAZU』さんと『山里ゴスペル』さんです。


『KAZU』さんです。
DSC_3239s-.jpg
その日はGコードの曲をテーマに 1部、2部計10曲あまりを1時間にわたり歌ってくれました。
オリジナル曲のレパートリーが多く毎回楽しめます。

3部のご出演は『山里ゴスペルさん。
DSC_3473s-.jpg
DSC_3405 (1)s- DSC_3470s-.jpg
ソロあり、合唱ありで、J-ゴスペルを中心に歌います。X’masらしくサンタサンも登場と楽しいコンサートです。

実は、この2組のコンサートで、’歌うって何だろう?’とふと考えました。 歌の中に、歌い手のメッセージがあり、
それは、時として自分自身に向けてか?
あるいは、多くの共感できる仲間にか?
あるいは、音楽をこよなく愛する人達にか?とにかく、おもいを込めて歌が歌われます。
音楽の時間を共有することで ”ジワジワ”と伝わるものがあるのです。
まさにLIVEの良さがそこにあります。みなさんもぜひ西洋館のLIVEにお越しください。

ということで、X'masコンサートの紹介です。
xmas_19s-.jpg
xmas_20s-.jpg
この日のお気に入り曲の動画を貼り付けます。
ぜひ、聞いてください。


『負けないで』by KAZU

 『歌い続けよう』 by ルミエール 

スポンサーサイト

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。